TOP>老人ホームの種類
老人ホームの種類

老人ホームには様々な種類があり、入所される高齢者の方や家族の方の状況などによりふさわしい施設が異なります。

主な老人ホームには、介護付きや住宅型などがある有料老人ホームやケアハウスと呼ばれる軽費老人ホーム、 介護保険施設である特別養護老人ホームや介護老人保健施設などがあります。
それぞれの老人ホームで入所条件や費用などが異なり、また入所する高齢者の方の健康状態によって、最も適した老人ホームを選ぶ必要があります。

高齢化社会を迎え、65歳以上の高齢者の方が年々増えて、老人ホームなどの施設の数が足りなくなっています。 自宅で待機している高齢者の方も多く、現在の大きな社会問題の1つとなっています。 施設だけではなく、介護士の数も不足していて、介護サービスの提供ができにくい状況であることも深刻な問題です。

最近とても話題となっている住宅型老人ホームですが、介護スタッフが施設内にいないので介護が必要ではない高齢者の方で、 マンションに住むような感覚で過ごせるのが魅力のようです。 夫婦で独立して生活をしたい方や、リタイア生活を謳歌したいという方に特に人気があるようです。 健康で介護の必要が無く、老後資金もある程度ある方に住宅型老人ホームは向いています。

後はできるだけ自宅で過ごしたい高齢者の方も多いようですが、そのためには現役時代からの健康管理がとても大切です。 また、老人ホームに入所できるような資金管理も、60歳になる前までにしっかりと行うことをおすすめします。

 



Copyright© 2014 老後への準備 All rights reserved.