TOP>老後資金シュミレーション
老後資金シュミレーション

老後資金を現役世代の時からシュミレーションをして、あらかじめ大まかな金額を把握しておくことはとても大切です。 60歳以降からかかる生活費の平均額はおよそ27万と言われ、ゆとりの生活を送る場合にはおよそ36万円が必要だと言われています。 平均寿命の85歳までの25年間にかかる平均的な生活費は、月額27万円×12ヶ月×25年で、8,100万円かかる計算となります。 この他にも介護費や医療費、持ち家であればリフォーム代やマンションなどの管理費など諸費用がかかります。

国から支給される国民年金や厚生年金などのおよその額は、5,000万円ほどになるようです。 60歳までに準備しておく必要がある老後資金は、およそ3,000万円ということになります。
※ご自分の詳しい年金額を知りたい場合は、日本年金機構のページで 年金加入記録の照会、年金見込額の試算などができます。

ゆとりのある暮らしをしたい、切り詰めた生活をしたくない、年金に頼りたくないという方は、さらに資金が必要ですから、 現役時代にできるだけ貯蓄をすることが大切です。また、老人ホームなどの介護施設での生活も視野に入れて、 老後資金がおよそどのくらい必要なのかシュミレーションをしてみましょう。

現在の年収、希望する老後の生活、受取可能な年金や退職金、定年後の再就職をするかどうかなど、 日ごろから家族としっかりと話し合ってライフプランを立てることで老後のための資金運用が行いやすくなります。 どうしても難しい場合には、ファイナンシャルプランナーなどに相談されてみるのも良いでしょう。

 



Copyright© 2014 老後への準備 All rights reserved.