TOP>老後資金の運用(保険)
老後資金の運用(保険)

老後の生活のための資金作りを、貯蓄保険で運用する方法があります。 銀行などに預金をしても利息がほとんどつかずあまり意味がないので、賢く貯めるために貯蓄保険を利用する人が増えています。

貯蓄保険には、長期定期保険や終身保険、円建てや外貨建てで行う個人年金保険や変額終身保険など、様々な種類があります。 現在の収入や希望する老後のライフプランなどに合わせて、無理なく貯められる方法を選ぶと良いでしょう。 最近では、老後に備えて保険貯蓄を始める人が増えているので、保険の種類も多くなっています。 ファイナンシャルプランナーに相談したり、セミナーなどに参加してより有利に貯蓄する方法を探されると良いでしょう。

60歳から平均寿命までにかかる生活支出から、受け取り可能な年金額を引いて出た額が、今から60歳までに準備しておく必要がある金額です。 そして、不足している額が現在の預貯金よりも上回っている場合には、何らかの貯蓄保険に加入して貯めておかなくてはいけません。 自分がどのくらい年金をもらえるのか、平均寿命まで生きるためにトータルでどのくらいのお金が必要かなどを、しっかりと把握しておきましょう。

どんな老後を送りたいのか、そのために最低でも毎月どのくらい必要なのかなど、日ごろから家族で話し合っておくことで、老後資金を準備しやすくなります。 また、若い世代であるほど給付される年金額は下がることが予想されますから、現役時代にできるだけ収入を増やし、有利に貯蓄する方法を考える必要があります。

 



Copyright© 2014 老後への準備 All rights reserved.