TOP>老人ホームの選び方
老人ホームの選び方

老人ホームを選ぶ際には、いくつかのポイントをおさえて選ぶことで、快適な老後生活を送れます。

まず、予算だけではなく、入所される高齢者の方の現在の健康状態を考慮します。 介護が必要なのかどうか、今後必要かどうか、ずっと自立生活を送る予定であるかなど、現在と将来を見据えて考えることが大切です。 さらに立地条件や今後の見通しなども考慮した上で、思い通りの老人ホームを選ぶことで、失敗を防げます。 また、入所後のトラブルのケースもしっかりと確認してから、じっくりと検討する必要があります。

在宅での介護が難しくなったり、特別養護老人ホームの待機中で一時的な入所の場合、自立した生活を老人ホームで送りたい場合など、 入所の目的は様々です。目的に合っていてしっかりとした介護ケアのある老人ホームを見つけるには、最低でも3箇所は見学する必要があると言われています。 1つの施設だけですぐに入所を決めてしまい、後からいろいろなトラブルが起きたというケースも少なくありません。

また、老人ホームを決める際には、必ず料金制度や介護士の勤務体制の施設概要が記載された重要事項説明書を確認されてください。 この説明書に書かれていることをしっかりと確認されてから、入所するかどうか決めることで、入所後のトラブルを回避できます。 一度入所してしまうと、一時金などが返金してもらえなかったり、次の老人ホームが見つかるまで時間がかかる場合もあり、老人ホームの変更は簡単ではないようです。 老人ホーム選びは慎重に行い、できるだけ多くの情報を得しながら、高齢者の方にぴったりと合ったところを選びましょう。

 



Copyright© 2014 老後への準備 All rights reserved.