TOP>老後の病気
老後の病気

高齢になると心配なのが病気ですが、老後の病気対策について家族や親戚、友人などと常日頃から話し合っておくことが大切です。

高齢者に多い病気には、心臓や血圧の疾患、認知症、骨が関節の病気などが上げられます。 最近では、生活習慣病が多くの方がかかりやすい病気で、現役時代の時から普段の生活習慣の見直しは欠かせません。 また、認知症は65歳の高齢者のうち、およそ7人に1人の割合で発症すると言われ、認知症の方が年々増えることが予想されます。 認知症の予防は欠かせませんが、万が一介護が必要になる場合にも備えて、お住まいの地域にはどんな施設があるのかなどは、あらかじめ確認されると良いでしょう。

老後はできるだけ健康に過ごしたいものですが、万が一病気になった時にすぐに対処する準備が必要です。 また、かかりつけの医師や、病院など自分に合うところを見つけることも、とても大切です。
http://www.nurse-toranomaki.com/では、「老人看護専門看護師」という、老人介護専門の資格を持った 看護師さんについて詳しく説明されています。 こういった看護師さんに普段から健康面を相談することも必要ではないでしょうか。

適度な運動や食事管理などを、現役時代からしっかりと行うことで、老後の病気に対する心配も少なくなります。 医療費や保険などの費用面でも、貯蓄などであらかじめ用意しておくことで、いつでも治療を受けることが出来るので安心です。

病気になると病院で過ごすことが増えますが、末期がんなどの方が自宅で人生の最期を迎えるという方も多くなっています。 どのような在宅ケアや医療サービスを受けられるのか、また、家族や友人がサポートをしてくれるのかどうかなど、しっかりと確認されてください。

 



Copyright© 2014 老後への準備 All rights reserved.